生理痛はなぜおこる?その痛み、病気のサインかも…

辛い生理痛にお悩みではありませんか。生理痛は、いつものことだから仕方がないと放っておいてはいけません。

なぜ生理痛が起こるのか、原因と対策をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

生理痛はなぜ起こるのか?生理痛の原因を徹底解明

生理痛には、病気が原因ではない生理痛と、子宮の病気が原因で起こる生理痛があります。子宮の病気が疑われる場合は、必ず婦人科を受診し、適切な治療を受けることをおすすめします。

病気が原因ではない!生理痛の主な原因

  1. プロスタグランジンの分泌量が多い
  2. 子宮の出口がせまい
  3. 冷えによる血行不良
  4. 精神的・身体的ストレス

があげられます。では、これらを詳しく見ていきましょう。

 

プロスタグランジンの分泌量が多い

生理中は、プロスタグランジンが分泌され、子宮を収縮させ、子宮内膜を子宮からはがし、血液とともに「経血」として体の外に押し出す働きをします。

これが、下腹部や腰の痛みの原因です。さらにプロスタグランジンには、痛みを強める作用があり、頭痛などの原因にもなります。

 

子宮口が狭い

若い女性や出産経験のない女性に多い原因です。子宮の出口が狭く、経血がスムーズに外に流れにくいことから痛みを感じます。産後は、子宮の出口が広がるため、生理痛が軽くなりやすいといわれています。

冷えによる血行不良

生理中は体温が生理前よりも下がるうえ、プロスタグランジンの働きで血管が収縮するので、血行が悪く、体は冷えやすい状態になります。このとき、痛みの元となるプロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまうので、痛みが強くなりやすいです。

下腹部や腰を冷やさないようにすると良いでしょう。

 

精神的・身体的ストレス

ストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせ、痛みを強めます。また、自律神経が弱ると体温調節の機能も低下するため、冷えが起こりやすくなります。

生理中は、睡眠不足や過度な緊張は避け、できるだけリラックスして過ごしましょう。

何らかの病気が隠れている生理痛

日常生活に支障をきたす程の生理痛や鎮痛薬を服用しても改善しない生理痛の裏側には、何らかの病気が隠れている場合があります。

心当たりがある場合は、一度婦人科を受診することをおすすめします。

 

生理痛がひどい場合に潜んでいる病気

  1. 子宮内膜症
  2. 子宮筋腫
  3. 子宮腺筋症

などがあげられます。こちらも詳しくみていきましょう。

子宮内膜症

本来、子宮内側にしか存在しないはずの組織が、子宮内側以外の場所にでき、生理のたびにはがれて出血します。子宮内膜症は、生理毎に進行するため、これが何度も繰り返され、まわりの組織と癒着してはがれにくくなり、強い痛みを感じるようになります。

女性の10人に1人が発症するといわれており、腰痛や性交痛、排便痛を伴なうケースも多くあります。

 

子宮筋腫

子宮にできる良性の腫瘍のことです。30歳以上の女性の20~30%にみられ、女性ホルモンのエストロゲンの影響でによって大きくなります。よって閉経して女性ホルモンが低下すると小さくなります。

腫瘍ができる場所や、大きさ、数、成長のスピードは人それぞれです。症状もさまざまで、強い生理痛、経血量の増加、不正出血、貧血、腰痛、頻尿などの症状が起こります。

 

子宮腺筋症

本来子宮の内側ある子宮内膜に似た組織が子宮筋のなかにできる病気です。子宮筋腫や子宮内膜症を合併している場合もあります。子宮内膜症も似た病気ですが、子宮腺筋症の特徴として、病巣と子宮筋との境界がわかりにくくなることです。

子宮筋腫と同様に、女性ホルモンの影響で大きくなり、閉経後には小さくなります。強い生理痛、経血量の増加、貧血、腰痛、月経期以外の腹痛、排便痛、性交痛などの症状があります。

 

まとめ

いかがでしたか。辛い生理痛の原因と生理痛を悪化させる原因になる病気をご紹介しました。日常生活に支障をきたす痛みは、いつものことだと我慢せずに、一度婦人科へ行ってみることをおすすめします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 大人ニキビが出来やすい部位は?部位別の大人ニキビの原因と対策

  2. 甘酒+豆乳=最強ドリンク!リラックスタイムに美味しくキレイになっちゃおう♡

  3. コンビニでも賢くセレクト♪お肌・体のために おすすめメニューをご紹介!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。