長引くその咳、風邪じゃないかも!?咳に潜む病気と対処法

風邪かなと思っていたけど咳(せき)だけがずっと続いている、、もしかすると風邪じゃないのかも?こんな、治らない咳でお困りではありませんか。

今回は、長引く咳に関するお役立ち情報をお伝えします。

 

長引く咳にご用心

咳は、気道内に侵入した異物や、気道内の炎症によって生じた刺激により起こります。異物の侵入を防ぎ、痰を喉の外に出して気道を整えるための「生体防御反応」です。

風邪のウイルスは、2週間以内に死滅します。細菌による風邪も症状が重くなることはありますが、抗生物質を使うことで速やかな治療が可能です。

2週間以上咳が治まらない場合や、2週間以下でも眠れないほど激しい咳が続く場合は、風邪以外の病気の可能性が高くなります。

 

長引く咳は、病気の兆候!?

ご自身の咳がでるときの特徴や症状をチェックしてみて下さい。

  • 天気によって、咳がひどくなる
  • 夜間に咳が出る
  • 明け方に咳が出る(咳で目が覚める)
  • 冷たい空気に触れると咳が出る
  • 会話中に咳が出る
  • エアコンの風に反応して咳が出る
  • 湯気に反応して咳が出る
  • 咳が出るとなかなか止まらず、出ない時は全くでない
  • 階段の上り下りや少しの運動で息切れがする
  • 世代の人と同じペースで歩くのが辛い
  • 呼吸がぜいぜい、ヒューヒューする

いかがでしたか?

もし、チェック項目が1つでもあれば、風邪以外の病気の可能性があります。当てはまる場合は、呼吸器専門医を受診することをお勧めします。

 

咳が出る病気って?どんな病気があるの?

咳ぜんそく

咳ぜんそくは、気道の粘膜の強い炎症です。激しい咳がでるが、痰はでず、アレルギー反応はないことが特徴です。長引く咳の原因として近年増加しています。風邪がきっかけになることが多く、花粉や気温、天候、ハウスダスト、疲労、ストレス、食品添加物、PM2.5などが原因になって発症します。

咳ぜんそくは、気管支ぜんそくの1歩手前の状態で、放置すると気管支や肺が固くなり、心肺機能が低下します。3人に1人は気管支ぜんそくに移行するといわれています。

 

気管支喘息

気管支喘息は、アレルギー性の炎症によって気管支が狭くなる病気です。放っておくと発作の起こりやすい状態が慢性化し、突然の咳き込みや息苦しさ、呼吸をするたび喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒューという音)が起こります。発作が起こると、気道の粘膜が炎症で狭くなり、痰が多量に分泌されて気道を塞ぎ、呼吸困難になります。

気管支喘息は完治しにくく、年間1500人の人が呼吸困難で亡くなっており、慢性化する前に早期治療をオススメします。

 

気管支炎

気管支炎は、気管支に炎症の中心がある、咳や痰などの呼吸器症状を引きおこす病気の総称です。

  • 急性気管支炎:ウイルスやマイコプラズマなどによる感染症
  • 慢性気管支炎:数週間~数カ月の間、咳や痰などの症状が続く、百日咳、抗酸菌や緑膿菌などの感染症、副鼻腔気管支症候群、びまん性汎細気管支炎、喫煙に伴う慢性気管支炎など

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

長引く咳の原因として増えているのがCOPD(慢性閉塞性肺疾患)です。

タバコの煙など大気に含まれる有害物質を吸引することで肺に炎症が起こり、最終的には肺の機能が低下し、死のリスクを伴います。

喫煙者の15~20%が発症するといわれ、喫煙歴が長く、1日に吸う本数が多い人ほど重症化する傾向にあり、40歳以上の人口の8.6%およそ530万人の患者がいると推定されています。

一度は病院で検査を
一度も病院で検査をしていない場合は、肺がんや結核、間質性肺炎、心不全など重篤な病気の可能性もあるので、一度、呼吸器専門医を受診することをオススメします。

病院では問診、聴診器で肺の雑音の有無、肺機能検査で肺の状態を確認し、病気の発見のために、血液検査やレントゲン、CT検査などを行います。

 

自宅でできる長引く咳の予防と対策

咳をすると2kcal/回のエネルギーを消耗します。100回咳をすれば200kcalとなり軽いジョギングを30分行ったのと同程度です。咳の積み重ねで、体力を消耗し、睡眠不足や仕事のパフォーマンスも低下します。

長引く咳には受診や治療が大切ですが、自宅でできる咳の対処法や予防法をご紹介します。

 

呼吸筋ストレッチで肺機能UP

首・肩・胸の筋肉をストレッチすることで、呼吸に関与する筋肉がほぐれ、肺の機能を高められます。

胸を大きく開き、新鮮な空気をたっぷり吸い込むと酸素が体内に行きわたって体が活性化します。仕事や家事の合間に行うとよいでしょう。

 

咳止めにハチミツとコーヒー

ハチミツには抗炎症作用や抗酸化作用があり、それらが咳の改善に作用すると考えられます。ハチミツで、咳や睡眠の質が改善したという研究結果があります。

コーヒーに含まれるカフェインには、気管支の拡張作用や抗炎症作用があり、咳予防に効果があります。コーヒーを1日3杯以上飲む人は、まったく飲まない人に比べ、喘息を発症するリスクが少ないという報告もされています。

咳が辛いときには、ハチミツをなめたり、コーヒーを飲むとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。長引く咳にお困りの方は、ただの風邪だろうなどと軽く考えずに、一度専門医に診てもらいましょう。正しく治療すれば改善するケースも多く早期発見、早期治療が、症状の改善に最も重要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 一重さん奥二重さんもぱっちり目元に!韓国アイドル風メイク

  2. 女性スタッフだけのメンズサロンが熱い‼ 男ゴコロを掴む5つのポイント!!

  3. お酒好き女子に朗報!太りにくいお酒と飲み方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。