美味しくお酒を飲んでも太りにくい3つのポイント

仕事終わりに飲むお酒はおいしいですよね。でも、お酒は飲みすぎると体重が気になりませんか?

そこで今回は、お酒を飲んでも太りにくいポイントをまとめてみました。ぜひ参考にして、お酒を楽しんでもらえると嬉しいです。

 

太りにくいお酒の飲み方のポイントとは?

「お酒は太る」という認識がある方も多いと思いますが、実はお酒自体は太るものではありません。お酒の成分「アルコール」のカロリーは「エンプティカロリー」といい、栄養素がほとんどどなく、優先的に体外に排出・放出・消費され、体内に吸収されないからです。

だからといって制限なくたくさん飲んでもOKというのも違います。太りにくいお酒選びのポイントや、おすすめの飲み方を解説していきます。

 

忘れてはいけない3つのポイント

  1. 一度に大量に飲まない/休肝日を作る
  2. 太りにくいお酒を選ぶ/合間にチェイサーを飲む/割って飲む
  3. おつまみを食べすぎない/ローカロリーなおつまみを選ぶ

 

お酒好きでも一度にたくさん飲んじゃダメ!時々は肝臓を休ませよう

一度に大量に飲まない

お酒が好きな人ほど、短時間にたくさんのお酒を飲んでしまいがちですよね。しかし短時間で急激に血液中のアルコール濃度が上がると、肝臓は糖質や脂質などの消費よりもアルコールの解毒を優先します。消費を後回しにされた糖質・脂質は、身体に中性脂肪として蓄積されてしまうのです。

また、アルコールが脂肪の代謝を抑えるため内臓脂肪になりやすく、その結果太りやすくなります…。

 

休肝日を作ろう

肝臓の負担を減らし脂肪肝などの病気を防ぐには、ゆっくり飲んだり休肝日を作ることが大切。理想は、アルコールを摂る頻度を1日おき(またはそれ以下)にすること。もし休肝日に飲みたくなったときは、糖質ゼロのノンアルコール飲料を活用することをおすすめします!

 

太りにくいお酒を選び、アルコールの毒素を撃退しよう!

お酒は製法により、「醸造酒」と「蒸留酒」に分類されます。

太りにくいお酒は、焼酎、ウイスキー、ブランデー、テキーラ、ラム、ジン、ウォッカなどの「蒸留酒」。これらのお酒は度数が高めなため、水やお湯、お茶、炭酸水などで割って飲むのがおすすめです。

また、アルコールの毒素(アセトアルデヒド)を体内に残しにくくするために、水(チェイサー)を一緒に飲むと効果的です!

 

ビールなどの「醸造酒」がどうしても飲みたい場合は?

該当するのはきっと炭酸の喉ごしが好きな人が多いように思います。その場合は、「ハイボール」がおすすめです。

 

太りにくいおつまみを選ぼう

アルコールは糖質・脂質の吸収を抑制するため、どうしても中性脂肪がつきやすいカラダになってしまいます。

そこで、おつまみはできるだけ太りにくい「糖質が少なく低カロリーのもの」を選びましょう。ただし量を食べすぎると意味がないので、腹八分目で抑えましょう。

 

おすすめのおつまみ

ダイエット中の女性は、特に良質なタンパクを取ることが大切。タンパク質には空腹感を抑え満腹感を得る働きや、筋肉の分解を抑えて痩せにくいカラダになるのを防ぐ効果が期待できます。

湯豆腐、冷やっこのような大豆食品でアルコールの代謝を助けるものや、焼き鳥や焼き魚、海藻サラダ、だし巻き卵などのタンパク質が豊富な食材を選びましょう。そのほか、食物繊維が豊富な野菜類やきのこ類、海藻類などは、噛む回数が増えるので満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ防止におすすめです。

 

おすすめしないおつまみ

高カロリーな揚げ物や糖質の多い甘いスイーツはおすすめできません。ついつい食べたくなるラーメン、ご飯ものはカロリーも糖質も高く、脂肪として体に蓄積されやすいため控えましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。太りにくいお酒やおつまみを上手に選び、健康で美しい体を作りながら、ストレスフリーにお酒を楽しみましょう!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 生理痛はなぜおこる?その痛み、病気のサインかも…

  2. ダイエットで話題のMCTオイルって?  その魅力に迫る!

  3. 見た目年齢が10歳以上若く見える人は、こんなライフスタイルを送っていた!!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。