シミを食事で治すためにお勧めの栄養素やメニューは?

日差しが強くなってくる季節、シミ。対策をしてしっかりとシミを予防したいところですよね。シミは一度できてしまうと改善に時間がかかってしまいますが、できる前の予防をすれば、より効果的な対策が可能です。

また、シミの対策は実は食事などの日常の習慣でも可能なのです。

今回は、食事でのシミ対策をするためのおススメの栄養素やメニューなどについて紹介しますね!

 

その1:ヘム鉄が含まれた赤身の肉やレバーを摂る

シミで忘れがちな重要な栄養素が鉄分、特にヘム鉄です。鉄が、シミの原因となる活性酸素を除去してくれるからです。

ヘム鉄は、ほうれん草やプルーンなどに入っている非ヘム鉄ではなく、肉やレバーに入っている鉄分であり、ヘム鉄のほうが、吸収量や量が圧倒的に高いのです。

 

その2:皮膚の代謝アップに必要な栄養素は?

皮膚の代謝を上げて、できてしまったシミをターンオーバーで排出することも重要です。

ターンオーバーは、基底層で生まれた新しい皮膚が表面側に徐々に上がっていき、古い角質を排出する新陳代謝の作用ですが、シミの溜まってしまっている古い皮膚を追い出すために必要ん栄養素は何なのでしょうか?

それには、タンパク質、ビタミンB、亜鉛、ビタミンD、ビタミンAが最低限必要です。これらの栄養素を取るのにいちばん効率的なのが赤みのお肉です。霜降りやバラやカルビよりも、赤身のお肉を選ぶとよいでしょう。

 

その3:ビタミンA・C・E、ポリフェノールを摂る

できてしまったシミに対しては、ビタミンA・C・Eやポリフェノールを大目にとるとよいことが医学的にも証明されています。

特に夏場のおすすめは、アメリカでもアンチエイジングドリンクとして注目されはじめている緑茶。緑茶に含まれるポリフェノールのひとつであるカテキンの抗酸化作用により、紫外線のダメージを軽減してくれます。

意外とおススメなのが、フレーバーティーとして緑茶にミントやドライフルーツを加えるやり方。そうすると、栄養素が更にアップします。

 

その4:日焼け後は水分・ビタミンC・リコピンの補給が重要

日焼けをしてしまった後は、水分とビタミンの補給を忘れずにしっかりすることが重要です。

肌の上からのお手入れだけではなく、体の内側からもケアしてあげることで、日焼けのダメージを最小限に抑えることができます。

 

水分補給

日焼けをしたら、まずはたっぷりと水分補給を行うようにしましょう。日焼けによって引き起こされた乾燥を、水分をとることで潤い補給し、落ち着かせることができます。

 

ビタミンC

ビタミンのなかでも、ビタミンCには抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制したり、シミやそばかすを防いだりする作用があります。

最近ではビタミンCがたっぷり含まれたサプリで飲むタイプの日焼け止めも販売されているので、アウトドアなど1日中外にいるときには摂取を心がけるとよいでしょう。

ビタミンCが豊富な食べ物は、オレンジ、キウイ、グレープフルーツ、ブロッコリーなどです。

 

リコピン

日光への耐性を高める効果が期待できるのは、リコピンを多く含んだ食べ物です。
代表的な食べ物はトマトですが、そのほか、赤いパプリカやスイカなどにも含まれています。

 

まとめ

日焼け対策に効く、栄養素や食事についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

日常的な食事でもシミの対策はすることができますので、ぜひメニューを考えるときの参考にしてくださいね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コンビニでも賢くセレクト♪お肌・体のために おすすめメニューをご紹介!

  2. クレンジング難民さんには「バームタイプ」がおすすめ!

  3. 30代女子は知らないとやばい!?乳がんになりやすい人の特徴と簡単にできるセルフチェック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。