実際の年齢より若く見える人と、 そうでない人。 その違いとは?! 

実際の年齢より若く見える人と、そうでない人。
その違いは一体どこにあるのでしょうか?
“若見え”の秘密、
こっそりお教えしちゃいます!

若見えの秘密

それは何といっても「きれいなお肌」です!
では一体どんな肌が若々しく見えるのでしょう?
どうしたら若見え肌になれるのでしょうか?
ご紹介していきます。

ツヤ、潤いのある肌

カサカサした乾燥した肌は、小じわなども目立ち老けて見えますが、
ツヤのある肌は若々しく見えますよね。

ハリのある肌

ハリがないと、フェイスラインがぼやっとしたり、ほうれい線が目立ってしまいます。
また、長い時間スマホを下を向いてみていることがたるみにつながっているので注意が必要です。

シワのない肌

一説によると肌の老化の原因の7割が紫外線によるものとだそうです。シミの元となる紫外線は、日差しの弱い冬や春も意外と強いので、年中通して紫外線対策は必須です。

30~40代の女性といえば、さまざまな変化が起こる時期。

プライベートでは結婚・妊娠・出産・育児による生活の変化。ママ友など人間関係の変化もあるでしょう。

仕事では転職したり責任ある立場になったり…。これら環境の変化はストレスにもなりやすく、また、加齢によってホルモンバランスが変わってくると、お肌にも影響が!!
そんな大事な時期なのに
「忙しくて十分なケアができない!」というのが、この年代の現実ではないでしょうか。

忙しくても出来るのケアとは?

オールインワン

化粧水〜クリームまでがたった1ステップで終わるので、忙しい方にぴったり

ミストタイプの化粧水

外出先でもエアコンや外気により乾燥します。そんな時はメイクの上からでも使えるスプレータイプが便利です。

インバスケアで子供と一緒に保湿

入浴中にフェイスケアやボディケアをすることで、保湿効果を高める方法です。
お子さんがいるとどうしても、自分のケアは後回しになりますが、一緒にお風呂に入っているときに、ついでに保湿ができれば嬉しいですね!

まとめ

いかがでしょうか。
家事に育児や仕事など、忙しい30代〜40代にとって、スキンケアの時間を作るのは大変なもの。しかし毎日のスキンケアをサボってしまうと、様々な肌トラブルの原因となってしまいます!!

自分にあった方法で、スキンケアをして若見え肌を目指してみては?

  • コメント: 0

関連記事

  1. 何をやっても治らなかったイチゴ鼻を「たった2つのこと」で解消した私の体験談|○○不足が原因でした。つるぴかの小鼻のために今日から見直すオーガニック習慣

  2. ダイエットで話題のMCTオイルって?  その魅力に迫る!

  3. 髪の毛は料理に例えると「お皿」ってどういうこと?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。